化粧品アレルギーとザイザル

化粧品でかぶれてしまうことを、接触性皮膚炎と言います。原因は、刺激かアレルギーの2つです。
刺激の場合には、化粧品に使われているアルコール、強アルカリや、つける時の摩擦などによって生じます。一方、アレルギーは体内の交代が化粧品の成分を異物(アレルゲン)と認識してしまい、排除しようとして起こります。抗体反応が強い人ほど、少量の成分でもアレルギー症状が出る確率が高くなります。
刺激の場合には乾燥などで皮膚が弱っている状態で起こることが多いですが、アレルギーは皮膚の状態に関係なく起こります。また、症状が治まってもまたアレルゲンが接触してしまうと同じような反応が起きてしまいます。
肌に赤み、かゆみ、などが起きた場合には、ザイザルという抗ヒスタミン薬が使われることもあります。ザイザルはアレルギー体質そのものを治療する薬ではなく、アレルギーを起こすヒスタミンの働きを弱めて症状を抑える薬です。
また、金属アレルギーを持っている人は化粧品の成分の中の金属が原因で、症状が出てしまうこともあります。症状が辛すぎて眠れない、集中できない、などの場合にザイザルは有効です。
食物アレルギーを持つ人は食物日誌をつけてアレルゲンを特定しますが、化粧品の場合にも何がアレルゲンとなっているかを把握するために食物日誌のように使った製品を記録しておくと良いでしょう。
食物日誌では食べたもののメニューだけではなく、使われている素材まで細かく記録します。市販の製品は、見た目にはわからなくても、旨味を引き出すために変わった素材が使われていることもあるので、注意が必要です。
アレルギーの根本的な治療法として最近注目されているのは減感作療法ですが、これは専門の医療機関で慎重に行う必要があります。