免疫力向上に紀文豆乳・出汁等のアレルギーにザイザル

日本は、魚アレルギーの人が多いです。
魚アレルギーは、顔や目が赤くなったり、瞼が腫れたり、蕁麻疹が出るなど様々なアレルギーの症状が出ます。
また、アレルギー様反応といって、アレルギーに似た反応が出るケースもあるので、注意が必要です。
アレルギー様反応は、鮮度が落ちた魚を食べた時に、吐き気や頭痛、蕁麻疹など、アレルギーに似た症状が出ます。
しかし、この症状はアレルギー反応ではなく、魚の中にあるヒスチジンというアミノ酸が、アレルギー症状を起こすヒスタミンに変わって起きます。
要するに、体がヒスタミンを作るのではなく、体の外からヒスタミンが入ったことによってアレルギーに似た症状が起こるのです。
魚アレルギーの場合、魚の出汁や粉末出汁でもアレルギーが出る人がいます。
魚アレルギーであることが判明した場合は、原因になる魚を食べないことが一番の予防策になります。
最近は、アレルギーを持つ子供のために、給食に魚の出汁を使わないように配慮している学校もあります。
アレルギーの予防対策としては、免疫力を高める方法があります。
免疫力を高めることで、病原菌を体から出すのです。
免疫力を高める食品としては、豆乳があります。
日本では、紀文豆乳が有名です。
免疫力を高めるために、紀文豆乳を毎日飲んでいる人も多いです。
紀文豆乳は、バナナ味や黒ごま味、ココア味など、様々なバリエーションがあるので人気が高いのです。
また、アレルギーを抑える薬としては、ザイザルがあります。
ザイザルは、抗アレルギー薬の抗ヒスタミン薬で、ヒスタミンの受容体の働きを抑えてアレルギー症状を緩和します。
蕁麻疹や皮膚のかゆみ、アレルギー性鼻炎などにも効果があります。
ザイザルの使用量は、年齢や症状によって異なるので、医師の指示に従って服用することが大事です。