ザイザル特徴と触れる事で起こるアレルギーと食物嘔吐

金属が肌に触れることによって起こるのが、金属アレルギーです。金属製のものを着用すると、それが触れることで汗で金属が溶け出します。溶け出すといっても目に見えるほどではないので、気付きにくいです。
この溶け出た金属がイオン化して体内に入り、体内のタンパク質と結合します。ここでアレルギーの原因となるタンパク質(アレルゲン)に変化します。
すると体内でアレルゲンに対する抗体が作られます。
再び金属の着用~アレルゲンに変化までの行程が行われると、以前作られた抗体がアレルゲンを発見して過剰に反応することで、金属アレルギーが起こります。
金属が触れることが原因というよりも、金属と体内のタンパク質が結合変化してできたアレルゲンが原因です。金属製品の着用を回避すれば問題は解決するわけではありません。金属はありとあらゆる製品に使われているので、金属が体内に入ってしまわないように管理する必要があります。
金属アレルギー以外で厄介なのは、食物アレルギーです。乳幼児に多い症状で、特定のアレルゲン(食物)を摂取することによってアレルギー症状が起こります。食物嘔吐などが起こると、食物アレルギーだと早とちりしてしまうことも多いですが、食物嘔吐は食べたものが傷んでいたとか、食べ過ぎなどによっても起こることがあります。子供が食物嘔吐したからといって、自己判断で食物アレルギーだと決めつけてしまうのは早すぎます。
抗アレルギー薬として使われている薬には、ザイザルがあります。ザイザルの適応となっているのは、アレルギー性鼻炎、じんましん、湿疹、皮膚炎、痒疹、皮膚掻痒症、です。ザイザルは皮膚科の薬として使われており、錠剤とシロップの2種類があります。