ザイザルは花粉症だけでなくアトピーにも効果あり

ザイザルは抗アレルギー薬として代表的な薬の1つです。ザイザルはアレグラやアレロックと同様に抗ヒスタミン剤と呼ばれる分類の薬です。アレルギー症状を誘発する物質の代表例にヒスタミンというものがあります。これは肥満細胞の顆粒内に普段は蓄えられています。もしアレルギーの原因となる物質が体内に入り肥満細胞と接触すると肥満細胞が活性化し細胞内の顆粒の内容物(ケミカルエディエーター)を細胞外に放出します。この中の1つであるヒスタミンはヒスタミン受容体に結合し、鼻炎、結膜炎、蕁麻疹、かゆみなどを引き起こします。ザイザルやアレグラ、アレロックといった抗ヒスタミン剤はヒスタミンがヒスタミン受容体に結合するのを競合的に阻害する働きがあります。これによってアレルギーの諸症状を改善するのです。
ザイザルは花粉症対策の薬として使用されているのが最も一般的です。しかしながら、アトピー性皮膚炎に対してもこのザイザルは有効性を示します。アトピーの発症にもこのヒスタミンが関与しており、ヒスタミンがヒスタミン受容体に結合することで、血管が拡張し、発疹、発赤が起こったり、かゆみを引き起こしたりします。アトピー性皮膚炎に対してはステロイドやプロトピックなどの塗り薬の治療がメインとなりますが、ザイザルの服用による治療も行われます。近年はザイザルに小児用製剤のシロップが発売されました。大変おいしいシロップとなっており薬嫌いのお子様でも喜んで飲んでくれるケースも多いようです。アトピー性皮膚炎はもちろん大人の患者さんも沢山いらっしゃいますが、特に小児のお子様に多く発症する疾患です。服用が容易で副作用も少ないザイザルでアトピーのコントロールをするのは理想的と言えます。
■まとめ買いがお得です
ザイザルで辛いアレルギー症状とさようなら